突然起こる水のトラブルに慌てないように

水のトラブルは突然起こります。そんなときにも慌てずに対応することが大切です。自力で直そうとせずに業者さんに依頼することがいち早く改善するコツです。

水漏れが起こって困っている人からの質問

床に漏れることはないが微妙にトイレの便器の中に水が流れたままになっている

トイレの水漏れはタンクの故障またはレバーの故障などが主な原因です。老朽化から部品が故障するため交換が必要です。

キッチン下が水漏れしている

キッチン下の水漏れは、止水栓や排水栓の劣化が原因になることが多いです。早急に対応しないと床が腐ってしまう可能性が高いため業者を呼んで部品の交換などの対応が必要です。

水漏れなどの水のトラブルは慌てず業者に連絡!

作業員

水トラブルの種類について

水のトラブルは水を扱うさまざまな場所で起こります。とくに多い場所がトイレです。トイレの詰まりや水漏れは数多く、洗面所も水漏れの原因となることが多い場所です。蛇口から水漏れが発生し、気づいたら床に水が流れ込んでしまっているということもあります。水漏れにはキッチンや浴室など水道がある場所ならばいつ起こってもおかしくないトラブルです。水のトラブルは蛇口だけでなく、排水管の詰まりや臭いなども含まれます。さらには見落としがちのエアコンの水漏れというトラブルもあります。

優良な専門業者の見つけ方

水のトラブルを対応する専門業者を依頼したときにかかる費用は、基本料+出張費+パーツ代+作業費が主な料金です。ところが業者によっては作業が終了してからパーツ代や作業費を高額上乗せしてくる悪質な業者もいます。優良な業者と悪質な業者を見極めるためにも、事前に費用を電話で確認しておおよその代金を確認しておきます。曖昧に答える業者は避けるようにします。また水のトラブルは基本的には大至急対応してもらうケースがほとんどです。24時間対応していて、すぐに対応してくれる業者を選ぶことがおすすめです。

多くの人を困らせているトイレの水漏れが起こる原因

トイレの水漏れの多くの原因は経年劣化です。接続部分で使われているパッキンは古くなるとヒビが割れてしまったり、ナットやネジの緩んでしまいます。本来なら接合している部分が徐々に劣化していて切れてしまい水が漏れてしまいます。トイレのタンクは大量の水を貯めておく場所ですが、経年劣化からタンク内にある部品がズレてしまったり接合している部分が緩んできてしまうなど水漏れが起こりやすい場所です。トイレには他にも給水・排水パイプの接合部分やウォシュレットのトラブルと水のトラブルが多い場所です。

業者に修理依頼をする際の流れ

電話またはメールなどで連絡

水のトラブルが発生したときには、電話をするか緊急性が低いときにはメールなどでも問い合わせを行います。

複数の業者から概算見積もりを取得

どんなトラブルが起きているかを連絡をして概算見積もりを出してもらいます。急ぎであっても複数の業者から見積もりを取得することがポイントです。

状況を確認し作業内容の説明

業者が家に到着してから状況を確認し原因を突き詰めていきます。確認後、作業内容や交換する部品などを説明が行われます。

作業内容に納得できたら契約

作業内容を確認し納得できたら契約となります。契約前には作業後のアフターケアも確認してきます。

原因が特定できない場合には分解したり応急処置も

原因が特定できないときには分解して調べていくこともあります。また、緊急性が高い場合には応急処置もすぐに行われます。

広告募集中