不動産経営の1つであるサブリースの仕組みを調べてみよう

男女

安定した収入の確保

貯金箱

長期契約が重要

不動産市況は景気変動の影響を大きく受ける傾向があります。日本は少子高齢化によって人口が減少する時代を迎えていますので、個人が不動産投資をする際には安定的な収入を確保するためにサブリース契約を行うことは有力な選択肢に一つです。サブリース契約では受託業者に一定のマージンを支払うことになりますが、入居者やテナントを自らが募集する必要が無くなりますのでリスクの軽減が図れます。サブリース契約をする際には出来るだけ契約期間を長くする必要があります。一定の期間が経過すると契約条件を変更することになるケースは多いのですが、契約条件の見直し時期についても出来るだけ後に延ばすことが安定的な収益の確保の鍵となります。

解約リスクも存在する

不動産市況は変動が大きいのでサブリース契約をしていても受託業者が経営破たんをすれば自動的に契約が解約されるというリスクは存在します。バブル崩壊やリーマンショックのケースではサブリース契約で行き詰った業者の破綻が散見されました。契約の際に解約の場合のペナルティを取り決めておくことは必要ですが、業者が破綻した場合にはペナルティの支払いを受けられなくなるのが一般的ですので、サブリースで安心することなく、常に市場動向を確認して置くことは重要です。したがってサブリースを委託しないでも入居者やテナントが集められるという立地条件の良いケースでは安易にサブリースを行わないことも必要です。自前でノウハウの蓄積を図っておくことは重要です。