不動産経営の1つであるサブリースの仕組みを調べてみよう

男女

アパートローンの条件です

外観

返済資金を確保できます

資産運用の一つや遊休不動産の有効活用として賃貸マンションやアパートの経営をする人がいます。その建設資金を銀行のアパートローンで調達する場合、サブリースがアパートローンの融資条件になっているケースが多くなっています。賃貸不動産の経営は入居率が確保できて賃料水準が維持できなければ成り立ちません。自己資金で建物を建設するのであれば、経営が厳しくても資金繰りには困りませんが、アパートローンを利用する場合には借入金の返済に窮してしまうことがあります。そのため、融資する銀行がサブリースを貸出の条件にすることがあるのです。信頼できる企業のサブリースがあれば、一定の賃料が保証されますので、融資の返済には困らないからです。

長期契約が可能です

サブリースは長期の契約が可能です。アパートローンを融資する銀行は融資期間以上の長期契約を基本的な条件とするケースが多いです。ただし、サブリースの条件の中で賃料の見直し条項が入ることが多いです。賃料を長期間固定できる点がサブリースのメリットではありますが、数十年先まで固定ということは難しいです。一方で、アパートローンの金利も数十年の期間で見れば変動します。したがって、サブリースによって当面の返済資金は確実に保証されて、将来的にも資金繰りの安定が保てると理解するべきです。契約自体は数十年の長期契約も可能ですので、一定の期間で賃料水準の見直しがあっても収入の安定化が実現できることには違いがありません。