不動産経営の1つであるサブリースの仕組みを調べてみよう

男女

建設会社が用意します

住宅の模型

条件を比較して検討します

地主に対して土地の有効活用を提案する建設会社が多く存在します。青空駐車場や空地になっている土地に賃貸マンションやアパートを建設して賃料収入を得るとともに相続対策も兼ねられるからです。地主は安定した家賃収入が得られることについて不安を抱くことが多いです。そのため建設会社がサブリースを用意しています。建築を請け負うとともに完成後はその建設会社が建物を一棟借りして、入居者に転貸するサブリースを用意するのです。例えば、満室の場合の賃料から一割を差し引いた賃料を保証するような契約を締結します。地主としては、満室になっても九割の賃料しか得られませんが、入居率が九割を下回っても九割は保証されます。何割にするかは他の建設会社と条件を比較して検討します。

長期間の投資が実現します

多くの建設会社が建設を請け負う目的でサブリースを用意しています。建設費の見積りを比較するとともにサブリースの条件も比較できますので、その両面から有利な建設会社を選定できて人気があります。サブリースを使わない場合には空室率が高くなった時の心配を常にしなければならなくなります。サブリースを契約する建設会社も空室率が高まると賃料の補填が多くなってしまいますので、新規の入居者の確保に努力します。また、賃料をできるだけ高い水準に維持することや、定期的な建物のメンテナンスによって経年劣化を抑えて入居者を確保することなどは、地主にとってもサブリースをする建設会社にとっても共通のメリットになるので安心して任せられます。